タイ国の水害から考える

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2011-11-8 23:57
nor  モデレータ 居住地: 平成5年から  投稿数: 218
この度のタイ国水害で亡くなられた方々ご冥福を心からお祈り申し上げます。
また、一刻も早い復旧復興が行われる事を願います。


日本のような高低差のある国土と違い、タイ国のように平坦な地では水捌けも悪く、思うように水位が下がらないようです。さらに森林の乱伐採や下水道のインフラ整備の不備など、さまざまな観点から指摘されているようですが、どれか一つが原因と言う訳ではないのでしょう。

日本でも地震と津波という大災害が起きたばかりですが、タイ国の水害ニュースを見て電気屋として考えさせられた事を書こうと思います。

YOMIURI ONLINE --- 死亡原因の1割は感電死…タイ、洪水でも送電

 【バンコク=横堀裕也】洪水被害が広がるタイで、感電死する人の続出が大きな問題となっている。

 保健当局幹部によると、感電による死者は6日現在で45人に上り、500人を超えた死者全体の1割近くを占める。

 冠水後も自宅に住み続ける住民が多いことと、電力当局も苦情を恐れて送電を遮断できないことが事故の頻発につながっている。

 チャオプラヤ川に近いバンコク西部バンプラ区は7日、多くの地域が冠水し、一部では水深が1メートル以上に達していた。「感電死のニュースはよく知らない。危険は感じないし、電気を止められたら困る」。飲食店の1階が冠水した後も2階に住み続けるソムチャイ・サムリさん(51)は語った。

 同区では避難勧告が出されているが、周囲の住民にも避難している様子はない。サムリさんは「知らない人と一緒になるのは嫌だし、泥棒も心配だ」と自宅にとどまる理由を述べた。

 タイではこれまで、両足が水につかったままポットで湯を沸かそうとした男性や、冠水した店内で倒れてきた冷蔵庫を支えようとした買い物客などの感電事例が報告されている。感電した人を素手のまま救助して感電した例もあったとされ、保健当局幹部は「感電の怖さが住民に、十分に認識されていないことに問題がある」と語る。
(2011年11月7日19時42分  読売新聞)

今回のタイの水害で実に500人の方が亡くなり、そのうちの1割は感電による死者と言う事です。実に痛ましい事であり、ご冥福を祈るばかりなのですが、このニュースを見て「漏電遮断器は動作しなかったのか?」「アースは取っていなかったのか?」と思う方も多かったのではないでしょうか。
電気工事士の方々に偉そうに書くつもりはありませんが、ジョイントボックスは誰でも閲覧できる開かれたサイトですので、一般の方々に向けて簡単に漏電遮断器やアースについて書こうと思います。

現在の日本でこのような大量の感電死者を出す事はあまり考えられません。それは一般家庭や事業所での漏電遮断器の普及率が非常に高い事と内線規定により接地(アース)と厳格に規定していることに尽きます。
日本の配電設計は中性点接地方式を採用しており、非接地方式に比べて地絡電流が大きくなってしまうのですが、その代わり漏電遮断器を確実に動作させるというメリットもあります。

電柱(柱上トランス)から送られる家庭の電源が電気製品などから漏電した場合、地面をグルリと回ってまた電柱(柱上トランス)に戻ります。
本来なら漏電遮断器内部の全相電流の計は「0A(ゼロアンペア)」なのですが、機器などが漏電していると地面から余計な電流が流れます。それがある一定以上流れた場合漏電遮断器が働く仕組みになっています。

一般家庭で使われている漏電遮断器の多くは「30mA・0.1s」だと思います。これは30mA(30ミリアンペア)以上流れた場合、0.1s(0.1秒)以内に動作(遮断)しますよという意味です。
さらに内線規定で定められた接地工事をする事により、人が触れて電気が流れるよりも、抵抗の小さい接地線から多く流す事で安全を確保しています。

私達電気工事士は誰もが電気を安全に使えるように二重三重の安全設計の元で工事をしているのです。


タイ国がダメだとか、日本が凄いとか言う単純な話ではなく、このような技術や制度、設計など普段何気なく使用しているモノの中にも日本から世界に提供できるものは沢山あります。
特にこれから発展してくるアジアの国々にとって非常に役に立つ事が、日本では当たり前のことの中に溢れているのです。
投票数:3 平均点:10.00

  条件検索へ


一服ですよ!
洗車をすると雨が降る
nor
投稿する
お仕事カレンダー
(工事中)
前月2017年 4月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30